イタチ駆除お役立ち情報

イタチ駆除の方法として簡単なものとしては

イタチ駆除の方法として簡単なものとしては イタチやネズミなどによる住宅への侵入や被害などによっては、ストレスを抱えてしまうこともあれば、住宅内にあるものが壊されてしまう、その他にも臭いなどによる被害を受けるなどさまざまな被害を受けてしまう可能性がでてきます。
そのような被害はできるだけ最小限に抑えるためにも、スムーズな解決を図ることが重要です。
イタチ駆除の方法として簡単なものは、専門業者に依頼してイタチ駆除してもらうという方法といえるでしょう。
専門業者ならば、安心して駆除を任せることができ今までイタチ駆除をしてきた経験などから、スムーズに駆除を行えることでしょう。
ただし、料金的にはそれなりにかかってしまうことにはなりますが、被害を抑えること、短期間での解決をしたいという場合には、業者に依頼するのが一番といえます。
また、イタチがどのような所から侵入してきたのかなども把握しておくことは重要です。
侵入経路があるということは、別のイタチなどが侵入してくる可能性などもあるため、駆除後は、そのような侵入されそうな場所はしっかりと塞いでおくなど対策をしておくことも必要だといえます。
普段から、建物周辺をチェックしておき侵入されそうな場所はあらかじめ塞いでおくなどしておくと予防策にもなります。

素人が行なうイタチ駆除はまず追い出しから

素人が行なうイタチ駆除はまず追い出しから イタチ駆除が求められるシーンは、主に建物の中に侵入して糞を撒き散らされたり、庭や畑が荒らされるといったことがほとんどでしょう。
なので素人がイタチ駆除を行なう場合は、まずは追い払う方法を試してみると良いです。
簡単に使用できて比較的日常生活に影響が少ない忌避剤や燻煙剤といた道具が数多く市販されています。
警戒心を煽るために自動で点灯するライトを設置するのも良いでしょう。
それでも出て行かず、被害が減らない場合は捕獲して処分する他ありません。
もし捕獲するという方法を選択するのであれば、まずはその地域が属している市町村へ申請をしなければなりません。
あくまでも予防や改善ができなかった場合の手段という形になります。
専用の書類が用意されているので駆除する頭数や被害の状況、駆除する期間などを記入して提出します。
役所に足を運んでの手続きとなりますが、手数料は基本的には必要ありません。
そして追い出し・駆除のどちらの場合でも、戻って来たり新しい個体が住みつく可能性があるため、侵入経路を防ぐなどの対策が欠かせません。
餌となる物を置かず人の気配が多い、イタチが生活しづらい環境を作り上げることも、駆除にとっては大切なことです。

大阪でイタチ駆除業者をお探しなら

イタチ駆除 大阪

新着情報

◎2019/7/23

方法と必要不可欠な道具
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

イタチ駆除の方法と対策
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「イタチ 駆除」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@nyanroriita1他4人 犬に小便掛けられるのは飼い主がいるからいいじゃないですか、イタチは確か駆除対象になっていたはずですよ。2つとも問題ないですよ

Twitter野良の最大の問題は愛誤@zAE9Un35IiWQXn4

返信 リツイート 4:55

明日、関西で放送 2019.7.24.水曜日 ytv.co.jp/ten/ 17時台で15分くらい ヌートリア、イタチ、ハクビシンの駆除に密着

ハクビシン駆除・アライグマ駆除イタチ駆除・ねずみ駆除は害獣駆除専門のホームスターへご連絡ください。hwm3.spaaqs.ne.jp/home-star/

Twitterハクビシン駆除のホームスター@hakubisin110

返信 リツイート 昨日 13:04

返信先:@yumeto_706 それはわかる気がする…あとめんどい仕事がたくさんあるんやろうな 行くのは嫌やけどその光景を見てみたいわw山でもそこまでおるんや…うちんとこも山の近くやけどそこまでやったで?イタチはおらんけど猪駆除は結構してはったわ まじかよww確かにそれの心配はあるなw まぁ、一応あるけどさw

Twitterるかかかないバージョンするね@rukakaka4224

返信 リツイート 7/21(日) 19:38

奄美にマングースが移入(放流)されたのは、1904年に沖縄県にインドから移入されてから四半世紀後 その間に野外のマングースがハブを襲って「駆除」していなかった事に誰も気付かなかった筈はなく その証拠にマングース以前に移入されたニホンイタチがハブに逆にやられて全滅した末の決断 (続)

返信先:@ajt9630他3人 箱罠で駆除が必要です。 以前は空気銃でイタチ狙撃して捕りました

返信先:@CutterICE 人間から見た人間以外の生命の価値は人間にとって悪影響かどうかで決まるようなものでしょ 犬や猫は人間に懐くから好かれるけど勝手に家に侵入して食い散らかすイタチなんかは駆除の扱いを受けたりと雲泥な差があるよね ただ、そんな彼らも自分の子供に生命を繋げることで必死なはず

返信先:@NagamaniXx 家の庭で飼ってた鯉を猫に食べられたことが。 (50cm程のを3匹) だからと言って猫が嫌いにもならなかった。 その猫が友達が飼ってる猫と知ったときは驚愕でしたが(^_^;) 十姉妹をイタチなどにやられたときは悲しかったけど 虐待や駆除とか思いつきもしなかったわ。 (子どもだったせいではない)

《奄美大島保護猫活動戦線》 ~~~ベリアル・ノネコ物語~~~№197 イタチのように細長い体をした一匹のマングースが、整備された石畳の路面上に蹲っている。その周りを取り囲む数名の捕獲員。皆、この動物の「駆除」のみを目的とし、その「死」だけを願っているのだった。

返信先:@_SaNd_SnoW他2人 ガンバの冒険の原作は、八丈島の害獣であるドブネズミとその対抗策として導入されたイタチ(後に駆除の対象となる)をモデルにした児童小説ですから、仰る通り半ノンフィクションですね(マジレス)