イタチ駆除お役立ち情報

イタチ駆除で罠を使用する場合の法律との関係

イタチ駆除で罠を使用する場合の法律との関係 イタチ駆除を行なう際は捕獲してしまうのが確実ですが、気を付けなければならないのは方法次第では免許が必要であるということです。
有名なのは銃を使用した狩猟での免許ですが、通り道に設置すると有効的な罠も種類によっては対象となり得ます。
また狩猟法では駆除しても問題ないイタチはオスに限られているため、もし設置した罠に誤ってメスが掛かってしまった場合は、速やかに放さなければなりません。
イタチ駆除の方法は市町村単位での自治体によって異なり、基本的には申請が必要です。
たとえ家に住みつかれたとしても、勝手に処分してはいけない場合がほとんどです。
駆除の専門家に依頼する場合は、許可を得ているはずなのでそれらの手間は省くことができます。
オスメスの判断も含めて専門的な知識を持たないのであれば、まずはグッズなどを使用して追い払うことを意識しながら、それでもどうにもならない場合は専門家や自治体に相談すると良いでしょう。

自力でできるイタチ駆除の方法はあるのか?

自力でできるイタチ駆除の方法はあるのか? イタチ駆除で最も効果的な方法は箱罠を設置することと言われています。
箱罠とは、箱の中にイタチが好む餌を設置し、それに食い付いたら箱の扉とロックが閉まるという単純な仕組みの罠です。
確実に捕獲できるという点で、他の駆除よりもプロが実際に活用する手段となっています。
ただし、いつでも誰でも行えるものではないという点に注意が必要です。
イタチは鳥獣保護法の対象となっているので、捕獲や駆除にはさまざまな規制が設けられています。
具体的には、狩猟免許を保有していることが基本です。
しかし、狩猟期間に該当するタイミングであるならば市町村などの許可を取得することによって、箱罠による捕獲が可能となります。
それでも、メスは捕獲できないなど細かいルールがあるので箱罠を使ったイタチ駆除は業者に行ってもらうと考えるのが無難と言えます。
これ以外にも、イタチが嫌うニオイや光を発するアイテムを置いて追い出す方法があります。
イタチがすぐに慣れてしまうおそれがありますが、個人で行える撃退法のひとつに数えられます。

新着情報

◎2019/5/24

イタチ駆除の方法と対策
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「イタチ 罠」
に関連するツイート
Twitter